2007年07月30日

小説 フォーシーズン 第33話 ( 冬7 )


 『今日からノドが痛くならずに歌い、話せるヒケツ』
 ⇒ http://www.muryoj.com/get.php?R=1859&M=100000273

メルマガカラオケ大好き! 』からお送りします。
あなたの(↑↑↑クリック)メールボックス へ直接お届け
============================================================
♪カラオケ大好き!♪ 118号

 前号の発行部数 まぐまぐ41部YAHOO!56部メルマ117部 

                     計 216部 発行

                        2007. 7. 30
============================================================

 こんにちは!

 カラオケ・ボイストレーナーの”ケンちゃん”こと、湯川です。

 このメルマガは、”カラオケが10倍楽しくなるカラオケ・ボイ
 ストレーニング”のトレーナーで、七色の声を操る、カラオケ・
 ボーカリストの私が、ワンポイント・アドバイスと、連載小説で
 お届けします。

■今日の内容■==============================================

 ★ 小説 フォーシーズン 第33話 ( 冬7 )
 ☆ 編集後記
============================================================

誌上カラオケ教室(休講)

============================================================

小説 フォーシーズン 第33話 ( 冬7 )

〜主な登場人物〜

誠一郎;36歳。サラリーマン。ロックバンド『ピンクタイガー』
    の命名者。発起人のひとり。ボーカル担当。

亮太 ;30歳。独立したばかりの美容師。バンドのもうひとりの
    発起人。ドラムス担当。

洋平 ;24歳。サラリーマン。誠一郎の飲み友達の元彼氏。ベー
    ス担当。

徹  ;26歳。元プログラマー。金属加工の会社に再就職したば
    かり。亮太の客だったのが縁でバンドに参加。ギター担当。

綾子 ;34歳。ピアノ講師。誠一郎が5年前までつづけていたバ
    ンドのキーボードを担当していた。バンド活性化のため誠
    一郎が声をかけた。キーボード担当。

麗子 ;30歳。ピアノ講師。綾子の仕事仲間。女一人では心細い
    と、綾子が招き入れる。キーボード、コーラス、ボーカル
    担当。

幸子 ;26歳。ピアノ講師。綾子、麗子の仕事仲間。独身最後の
    思い出に、バンドへの参加を希望。キーボード、コーラス
    担当。

幸一 ;36歳。都心で眼鏡店を親子で営む。小さいがビルのオー
    ナーでもある。誠一郎とは高校生時代からの親友。誠一郎
    が企画してきたイベントには、必ず協力してきた。


〜前回までのあらすじ〜

 スナックで知り合った誠一郎と亮太は、それぞれの知り合いに声
 をかけメンバーを募り、ロックバンドを結成することにした。誠
 一郎が連れてきた昔のバンドのキーボード担当の綾子が、亮太の
 連れてきたギターの徹に一目ぼれしてしまう。年下の相手で失敗
 して離婚したばかりの綾子が、更に年下で金にルーズな徹に惹か
 れていくのを、誠一郎はほおっておけない気持ちだった。徹に対
 するジェラシーと、同じ過ちを繰り返すことに、加担したくない
 という思いから、誠一郎は解散ばかりを考えていた。それでも綾
 子のペースで、バンドはクリスマス・ライブという目標に向かっ
 て突き進んでいた。


 御茶ノ水のハンバーガーショップで朝食を済ませ、ニコライ堂の
 前の坂を下り、小川町の神田楽器まで歩いた。

 少しでも準備の時間を稼ぐために、開店30分前にはビルの前に
 全員で待機した。

 間もなくシャッターを開けに店員がやってきたが、開店を煽るよ
 うなかっこうになった。


 「オペレーターがまだなんで、もう少し待ってくれますか?」


 「寒いから中に入れてもらえないかな?」


 大柄な亮太が凄むと、あっさり中へ入れてくれた。


 10時準備開始で、開場の12時半までにゲネプロ(本番を想定
 し、同じ順番で行うリハーサル)を終了しておかなくてはならな
 い。

 その10時きっかりにオペレーター(ミキサーなどを操る店側の
 スタッフ)二人がやってきた。

 メンバーが二人を急かすように2階のホールに入ると、誠一郎は
 自分達の楽器の準備に入るようメンバーを促した。

 キーボードシンセサイザーとピアノ、ドラムスは備え付け。

 亮太は既にドラムスを叩き始めている。

 ゲネプロにどれだけ時間が取れるかは、コンサートの成功に大き
 く関わってくる。リハーサルがきちんとできれば、演奏側もオペ
 レーターも、落ち着いて本番に挑める。

 11時00分、各音源のチェックに入った。

 ライン入力のベース、キーボードシンセサイザーとピアノは瞬時
 にOKが出た。

 ギターは、いろいろと音を変えるので、5〜6種類の変換機をか
 ましている。徹の手持ちの変換器の調整もあるので若干時間がか
 かった。

 ボーカルマイク3本のチェックを済ませた後、念入りに、ドラム
 スに設置した3本のマイクから拾う音のチェックに入った。

 オペレーターの指示に従って、亮太がバスドラ、スネア、シンバ
 ルの順で単音を叩き、最後にワンフレーズ叩いてバランスを確認
 して終わった。

 準備の段階から、幸一が愛用の一眼レフでスナップ写真を撮り続
 けている。

 プロになったような気分が、メンバーの表情に出ていた。

 11時15分の段階でゲネプロに入る。90分のステージを、は
 しょりながら駆け足で演奏する。

 MC(しゃべり)に入るところでは、エコーを切るのでタイミン
 グを打ち合わせる。

 照明も本番さながらに、スポットを誰に当てていくのか確認して
 いく。

 楽器の演奏もそうだが、誠一郎も気合を入れて歌ったので、声が
 潰れないかと幸一が心配した。

 12時15分ゲネプロ終了。外には開場を待つ客の姿がチラホラ
 みえだしていた。

 まだ息の荒い誠一郎に、綾子が受付を担当してくれる女性を紹介
 した。

 ひとりは、練習後の飲み会に合流した事のある、講師仲間。もう
 ひとりは、誠一郎のバンドに綾子の紹介で参加した事のある女性
 だった。

 知っている仲なので誠一郎も心強かった。

 気をきかして麗子と幸子が、全員の弁当を買ってきてくれた。

 12時30分。定刻通り開場。

 ホール外のベンチで弁当を食べていると、来客がつぎつぎと入っ
 てきては、知り合いのメンバーに声をかける。

 エンヤ※のBGMが、コンサート前の雰囲気を演出するホール内
 で、席に着いた大半の客がパンフレットを読みふけっていた。




                         つづく


 ※エンヤ;アイルランド生まれの、癒し系ボーカリスト。自然の
 中に融合していくようなヒーリング・サウンドのファンは多い。



 ☆★☆この物語はフィクションであり、
      登場する団体、人物等はすべて架空のものです☆★☆

============================================================

前文や9条は、一遍の詞のように感じられます。

 日本国憲法は、良くも悪くも日本人のアイデンティティーそのも
 のではないでしょうか?この国の行く末を考えると、改めて”日
 本人の自分探し”が必要ではないかと思うのです。誰にでも読み
 やすい日本国憲法を目指して、リライトに挑戦してみました。

 日本国憲法 全文解釈 
 ⇒ http://www.muryoj.com/get.php?R=2818&M=100000273

============================================================

 ♪ 編集後記

 8月の教室は8日(水)からです。課題曲も新しくなりますので、
 この機会に一度参加してみませんか。
 ⇒ http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents13.htm

(次回は月曜日にお届けします) 
============================================================

 カラオケが10倍楽しくなる!
 カラオケ・ボイストレーニング 開講
 http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents13.htm
 詳しくはクリック↑↑↑

カラオケ・ボイストレーニング開講

日時; 原則として毎週水曜日 pm7:30〜8:30 
      開催予定、

    8月 8日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)
    8月29日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)


 各(水)pm7:30〜8:30 
 受講料;\2,000 (1回毎)
 お申込はコチラ↓↓↓から
 http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents13.htm

============================================================
このブログは、メルマガカラオケ大好き! 』からお送りしています。
あなたのメールボックス (↑↑↑クリック)へ直接お届け

その他のメルマガ

 『自分探しの心の旅
 『スポーツ救急箱
 『ネットマーケティングの勉強部屋

兄弟ブログ

自分探しの心の旅
スポーツ救急箱
ネットマーケティングの勉強部屋

posted by ケンちゃん at 09:46| Comment(0) | TrackBack(1) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カラオケ 教室
Excerpt: 小説 フォーシーズン 第33話 ( 冬7 )誌上カラオケ教室(休講) ============================================================ 小説 フ..
Weblog: カラオケ練習・上達法ガイド
Tracked: 2007-08-19 13:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。