2007年06月22日

小説 フォーシーズン 第25話( 秋6 )

無料レポート『眼からウロコの、カラオケ・ボイストレーニング』
⇒ http://www.muryoj.com/get.php?R=2351&M=100000273

メルマガカラオケ大好き! 』からお送りします。
あなたの(↑↑↑クリック)メールボックス へ直接お届け
============================================================
♪カラオケ大好き!♪ 102号

 前号の発行部数 まぐまぐ37部YAHOO!53部メルマ22部 

                     計 112部 発行

                        2007. 6. 22
============================================================

 こんにちは!

 カラオケ・ボイストレーナーの”ケンちゃん”こと、湯川です。

 このメルマガは、”カラオケが10倍楽しくなるカラオケ・ボイ
 ストレーニング”のトレーナーで、七色の声を操る、カラオケ・
 ボーカリストの私が、ワンポイント・アドバイスと、連載小説で
 お届けします。

■今日の内容■==============================================

 ★ 小説 フォーシーズン 第25話( 秋6 )
 ☆ 編集後記
============================================================

小説 フォーシーズン 第25話( 秋6 )


〜主な登場人物〜

誠一郎;35歳。サラリーマン。ロックバンド『ピンクタイガー』
    の命名者。発起人のひとり。ボーカル担当。

亮太 ;29歳。独立したばかりの美容師。バンドのもうひとりの
    発起人。ドラムス担当。

洋平 ;23歳。サラリーマン。誠一郎の飲み友達の元彼氏。ベー
    ス担当。

徹  ;25歳。失業中のプログラマー。亮太の客だったのが縁で
    バンドに参加。ギター担当。

綾子 ;33歳。ピアノ講師。誠一郎が5年前までつづけていたバ
    ンドのキーボードを担当していた。バンド活性化のため誠
    一郎が声をかけた。キーボード担当。

麗子 ;29歳。ピアノ講師。綾子の仕事仲間。女一人では心細い
    と、綾子が招き入れる。キーボード、コーラス、ボーカル
    担当。

幸子 ;25歳。ピアノ講師。綾子、麗子の仕事仲間。独身最後の
    思い出に、バンドへの参加を希望。キーボード、コーラス
    担当。


〜前回までのあらすじ〜

 スナックで知り合った誠一郎と亮太は、それぞれの知り合いに声
 をかけメンバーを募り、ロックバンドを結成することにした。誠
 一郎が連れてきた昔のバンドのキーボード担当の綾子が、亮太の
 連れてきたギターの徹に一目ぼれしてしまう。年下の相手で失敗
 して離婚したばかりの綾子が、更に年下で金にルーズな徹に惹か
 れていくのを、誠一郎はほおっておけない気持ちだった。徹に対
 するジェラシーと、同じ過ちを繰り返すことに、加担したくない
 という思いから、誠一郎は解散ばかりを考えていた。それでも綾
 子のペースで、バンドはクリスマス・ライブという目標に向かっ
 て突き進んでいた。



 徹が、1978年にイギリスのハードロックバンド『UFO』がリリ
 ースした曲、”Only You Can Rock Me”の歌詞をワープロで打ち
 なおして持ってきた。

 昨日の練習のとき、誠一郎の分の譜面が足りなかったのだが、歌
 いやすいようにわざわざ書き写してきた。

 誠一郎は録音テープを聴いて覚えるので、実際譜面は必要ない。


 ♪Who's takin' time out  We'll take your shout out

  We're the boys, we got nothin' to lose♪


 重いハードロックが多いので、ノリのいい曲をと、徹が選んだ曲
 だが、ファンキーなサウンドを誠一郎も気に入っていた。

 考えてみると、このバンドを始めてから、殆ど聞いたことの無い
 曲ばかりを歌ってきた。誠一郎は歌謡曲やフォークは知っていて
 も、ハードロックは殆ど知らなかった。ゼロから覚えた曲ばかり
 で、随分レパートリーが広がったものだと思った。

 彼は会社帰りの週2回、英会話にも通っていたが、英語の発音の
 復習にもなるバンドの練習そのものは、決して嫌ではなかった。

 それに、ボーカルは一番おいしいパートであるともいえる。ロッ
 クバンドの華は、やはりボーカルとギターだろう。


 「歌詞、わざわざワープロ打ちしてくれたんだ。これ、なかなか
 いい曲だよね。客を乗せやすそうだし、ギターソロもカッコイイ」


 「そう?誠一郎さんに気に入ってもらえて良かったですよ」


 「ところで、ちょっと言いにくいんだけどさ、例の金、何時返し
 てくれるつもりなの?」


 「・・・すいません。来月には返せると思います」


 「いいんだけどさ、こういうことって言われる前に借りている方
 から言うもんだよ。僕だからいいようなもんだけど、人間関係壊
 れちゃうからね」


 不意を突かれた上に、至極当たり前のことだったので、徹はしゅ
 んとなってしまった。


 「そんなに気にしなくていいよ。解ってくれれば」


 誠一郎は、言うべきことを言ってすっきりしていた。そして、徹
 は翌月の給料日後には、約束通り借りた金を持ってきた。誠一郎
 は少し複雑な思いでそれを受け取った。




                        つづく


UFO『宇宙征服』(”Only You Can Rock Me”収録)               http://tinyurl.com/2wcn5w



☆★☆この物語はフィクションであり、
      登場する団体、人物等はすべて架空のものです☆★☆

============================================================

 ♪ 編集後記

 ずっと出席してくれていたカップルが、突然来なくなったり、体
 調を崩した生徒さんが出たりと、カラオケ・ボイストレーニング
 が存続の危機に瀕しています。もともとスポット参加で気軽に参
 加できるようにしようと、月謝制ををとらず、その都度受講料を
 頂くかたちをとっておりましたが、アットホームな心地よさもあ
 って、あまり宣伝してこなかったのが仇になっています。そこで、
 スポット参加大歓迎ですので興味のある方は、http://tinyurl.com/5tbhd
 にアクセスしていただければ幸いです。
 
(次回は月曜日にお届けします)
============================================================

 カラオケが10倍楽しくなる!
 カラオケ・ボイストレーニング 開講
 http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents13.htm
 詳しくはクリック↑↑↑

カラオケ・ボイストレーニング開講

日時; 原則として毎週水曜日 pm7:30〜8:30 
      開催予定、

    6月27日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)
    7月11日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)
    7月18日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)
    7月25日 コミュニッティホール音楽室(小岩図書館)

会場; 南小岩コミュニティー会館(フラワーロード商店街)
    コミュニティーホール音楽室(小岩図書館隣接)

 各(水)pm7:30〜8:30 
 受講料;\2,000 (1回毎)
 お申込はコチラ↓↓↓から
 http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents13.htm

============================================================
このブログは、メルマガカラオケ大好き! 』からお送りしています。
あなたのメールボックス (↑↑↑クリック)へ直接お届け

その他のメルマガ

 『自分探しの心の旅
 『スポーツ救急箱
 『ネットマーケティングの勉強部屋

兄弟ブログ

自分探しの心の旅
スポーツ救急箱
ネットマーケティングの勉強部屋

posted by ケンちゃん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。