2017年10月28日

地声で歌えるところは地声で歌うのが一般的?
















あなたの携帯メールボックスへ直接お届けします。


minimag2での空メール登録は

>> M0090409@r.mini.mag2.com


============================================================


♪カラオケ大好き!♪ 650号


 こんにちは!


 カラオケボイス発声トレーナーの”ケンちゃん”こと、湯川です。




 このメルマガは、カラオケが10倍楽しくなるカラオケボイス・発
 声トレーニングのトレーナーで、七色の声を操る、カラオケ・ボ
 ーカリスト”ケンちゃん”の、ワンポイント・アドバイスをお届
 けしています。




  
2017.10.28
============================================================


 メルマガ登録及び解除


 まぐまぐ
 http://www.mag2.com/m/0000216763.html
 malma
 http://www.melma.com/backnumber_167899/


■今日の内容■==============================================


 ☆ 誌上カラオケ教室( 地声で歌えるところは地声で歌うのが一般的? )
 ★ 編集後記
============================================================


誌上カラオケ教室( 地声で歌えるところは地声で歌うのが一般的? )




Q.僕は低音のミックスボイスもできるのですが、カラオケなどで歌
 うとき、地声で歌えるところは地声で歌うのが一般的なのでしょ
 うか?


 地声で歌えるところは地声で歌って、高いところはミックスに変
 えるというのが一般的ですか?


 それが一般的だから、地声、ミックス、裏声を繋げるという動画
 やサイトがたくさんあるのでしょうか?


 僕は今まで、最初から最後までミックスで歌っていたので、地声
 で歌えるところは地声で歌った方がいいのかな?と思いました。


 よろしくお願いします。






A.クラシック音楽のような形式美を追求する芸術と違って、ポピュ
 ラー音楽については関係ありません。何でもアリです。


 歌い手が好きなように歌えばいいだけです。


 プロは売れなければならないので聞き手を意識しますが、そんな
 プロでさえ、万人受けするような声で売れている人はあまりいま
 せん。


 つまり、大嫌いだという人が全体の9割いたとしても、金を出し
 てでも聞きたいという人が1割いれば大成功なのがプロだという
 事です。


 おかしなもので売れてしまうと、大嫌いと思っていた人の中にも
 気が変わる人が出てきたりします。


 いずれにしても、一番大事なのは質問者さんが気持ちよく歌える
 かどうか?です。






< 質問者さんからのコメント >


なるほど。






カラオケボイス・発声トレーニング

http://ukiukiwakwak21.wixsite.com/mysite/home
============================================================


 ♪ 編集後記


 今日も最後までお読みいただき感謝です。


 さて、今日の音源は…。


 氷川きよしと
GReeeeNのコラボ、『 碧し 』を教室の課題曲に
 したのですが、すごく難しい。レッスン前の会場で歌ってみまし
 た。音質はイマイチですが…どうかな?それにしても凄い音域の
 広さ。これでもマイナス1ぐらいだと思います。




 氷川きよし 『 碧し 』 Cover
 https://youtu.be/dkHfwId12kY


 ではまた来週お会いしましょう。
============================================================


 前号の発行部数 まぐまぐ163部 メルマ242部


                       計405部 発行
============================================================





カラオケ専用ボイトレ↓↓↓
カラオケボイス・発声トレーニング










posted by ケンちゃん at 05:00| ボイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。