2011年12月06日

百万本のバラ(カラオケでよく歌うファイル13)


加藤登紀子の歌があまりにも知られているので、
彼女の訳詞によるこの曲を
日本の歌だと思っている人も多いかもしれません。


訳詞されたのはロシア語版であり、
実は原曲はさらに別にあります。


1981年にラトビアの放送局が主催する歌謡コンテストがあり、
『マーラは与えた』というラトビア語の曲が優勝します。


歌詞の内容は、
その後のロシア語版や
それを訳詞した日本語版とはまったく異なり、
大国にその運命を翻弄されてきた
ラトビアの苦難を暗示するものだったとか。


さて、
日本語版の元になったロシア語版ですが、
グルジアの画家ニコ・ピロスマニが
マルガリータという名の女優に恋したという逸話に基づいているそうです。


ロシアの詩人がグルジアの画家のロマンスを元に詞をつけたんですね。


そして、
モスクワ生まれの美人歌手が歌い、
当時のソビエト連邦でも大ヒットします。


参考;ウィキペディア


この歌、
歌ったことのある方は分かると思いますが、
節回しがけっこう難しいです。


実はいまだに、
納得のできる歌が歌えていません。


これを機会にキチンと覚えようかと思っています。




清き一票を!⇒ 人気ブログランキングへ 




発行メルマガ

>> 『カラオケ大好き!』

>> 『プレゼンボイス』

>> 『自分探しの心の旅 』

>> 『スポーツ救急箱 』

>> 『ネットマーケティングの勉強部屋 』

>> 『せどらーKのイチオシ』



.すこやかきれい.自分探しの心の旅.スポーツ救急箱.ネットマーケティングの勉強部屋.プレゼンボイス.成功屋古本店.中学受験.慢性ゴルフ依存症. ブラッドプレス.他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる.米米倶楽部.電脳市場研究所.誰も知らないプライベートアフィリエイト .新・カラオケ上達の秘訣.ブログを自販機化できるか?.あなたの経験、知識が喜ばれ、お金になる!



ラベル:加藤登紀子
posted by ケンちゃん at 10:11| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。