2009年10月24日

Jポップのルーツを訪ねて5(はっぴいえんど2)



"はっぴいえんど"は、活動した1970〜1972年の期間中に、URCレコードからアルバム『はっぴいえんど』『風街ろまん』、ベルウッドレコードから『HAPPY END』を発表しています。

バンドの作詞担当だった松本隆は、ダブルミーニング(しゃれのように言葉に二つの意味を持たせること)などの技法を積極的に歌詞に取り入れ、日本語ロックと呼ばれた独特の世界を構築していきます。

恐らく、サザンオールスターズの桑田佳祐も"はっぴいえんど"の影響を受けた一人でしょう。

サウンド面においてはアメリカのバッファロー・スプリングフィールド※や、モビー・グレープ※に影響され、当時の日本では先進的な音だったようです。

メンバーは宮沢賢治に影響を受けており、その世界観が音楽性にも影響しているとのこと。"はっぴいえんど"の活動期間は約2年と短かったですが、その後の音楽シーンに大きな影響を与えました。

※バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)は、1966年4月に結成されたアメリカのロックバンドである。さまざまな音楽的要素を内包しながらも、そして、メンバーたちの際立った個性がぶつかり合いながらも、密度の高い、調和のとれた良質の作品を生んだ。その一方でメンバー間での対立(とくにスティルスとヤングの対立)が絶えず、1968年5月に解散した。

The Buffalo Springfield ~ (live audio) "Nowadays Clancy Can't Even Sing" (Monterey )
http://www.youtube.com/watch?v=-9BSRVyHIGQ

※モビー・グレープ(Moby Grape)は、1960年代後半に活躍した、サンフランシスコ出身のガレージバンド。1966年アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコで結成。ヒット曲は殆ど無いが、後に有名になる多くのアーチストに多大な影響を与えた。1999年に結成時のメンバー、スキップ・スペンスが死去したが、現在も活動を続けている。

Moby Grape - Hey Grandma
http://www.youtube.com/watch?v=LM87rI-sR7o

しかし、ブリティッシュロックが絶頂期を迎えつつあった当時の日本で、"はっぴいえんど"はほぼ無名。音楽性もマニアックで、評論家や一般のロックファンの評価は高いものではなかったそうです。

にも拘らず、このような音楽性を標榜したのは、ブリティッシュロックはアメリカのロックをコピーして生まれた音楽であるから、日本のロックを作るためにはアメリカのロックをやらなければならないという考えがあったからだといいます。

その後、"はっぴいえんど"がとった方向性は後続のバンドに少なからぬ影響を与えました。

また、今でこそシングルとアルバムのバージョンを違えたりリミックスすることは一般的ですが、シングルカットはアルバムの音源を使うのが普通だった当時、すでにシングルとアルバムのバージョンを変えて発表していました。

なんたって、ボーカル大瀧詠一 ギター鈴木茂 ベース細野晴臣 ドラムス松本隆 ですからねぇ。

12月の雨の日 (live ' 71)
http://www.youtube.com/watch?v=Ht_5HOHIQEo

はっぴいえんど ・ 抱きしめたい
http://www.youtube.com/watch?v=ZqKY6hVwyck


マルチビタミン・ライス!?↓


携帯メルマガランキング

メルマガ

>> 『カラオケ大好き!』

>> 『プレゼンボイス』

>> 『自分探しの心の旅 』

>> 『スポーツ救急箱 』

>> 『ネットマーケティングの勉強部屋 』

>> 『せどらーKのイチオシ』
 


兄弟ブログ

すこやかきれい

自分探しの心の旅

スポーツ救急箱

ネットマーケティングの勉強部屋

プレゼンボイス

ameba
カラオケ大好き!

seesaa
カラオケ大好き!

YAHOO!
カラオケ大好き!

成功屋古本店


posted by ケンちゃん at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。