2009年07月11日

大好きな歌6(人は少しずつ変わる)

私が二十歳の頃、NHKが新進気鋭のフォーク・ロックのアーティストを集めたライブショーを放映しているのを観ました。 そこには“いずみやしげる”(春夏秋冬)“カルメンマキ&オズ”(私は風)などの大御所に混ざり、初めて見る女性シンガーが出演していました。 当時彼女はバックバンドを率いてロックっぽい音楽もやっていました。 『夢のドライブ』 これに衝撃を受けた私は、すっかりそのシンガーにハマってしまい、出るアルバム出るアルバム買ってしまうほどでした。 通っていた大学のあるお茶の水の日仏会館で、白龍というフォーク歌手のコンサートにゲスト出演することを知った私は、初めて生の彼女を見に行きました。 生ギター1本の弾き語りで歌うその歌に、私はすっかり魅了されてしまいました。 それが『人は少しずつ変わる』です。 今でもライブ活動を続けているという彼女。 ちょっと会いに行ってみたくなりました。 因みに、テレビドラマのテーマソングも歌っていました。 『こうして二人』 中山ラビ。フォーク・シンガー。東京に生まれる。18で家出し関西へ。生年・本名不詳ということになっている。 「中山」姓は詩人の中山容にちなむ。 現在は国分寺の喫茶店「ほんやら洞」のオーナー。


posted by ケンちゃん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。